2009年12月13日

「雲を眺めて 風を感じろ」!!

政権交代して、システムが大きく変わりつつある。

だが、とても納得いかぬ事が多過ぎはしないか?

我々は「馬の鼻先に人参」ぶら下げられて、ちっぽけな目先の損得で安易に流されてしまったのではないか?

碌で無し自公連立政権が社会を滅茶苦茶にしてしまったが、支配層が交代してもやはりお上は人心を利用したがる。

狡猾な輩程、大義名分は大上段に構えて裏では舌を出しているものだ。

「雲を眺めて 風を感じろ」!!

安寧に鈍感になってはいないか?

己が右拳は何の為にあるのか、知る日が遠くない未来にやって来るだろう。

R&Rが必要だ。

為政者はそれを恐れている。
posted by さぶらい at 22:24| 信念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする