2015年10月25日

答えて曰く

中間テストを控えている息子に一言。

「何事も引き算ではなく、足し算で考えなさい。」

人は往々にして「あれが足りない」「これも足りない」と欠乏感(劣等感)に苛まれ、右往左往して地団太を踏む。

0を基準点に置いて、「あれも持っている」「これも持っている」と足していくと少しは安堵出来るのではないだろうか?

そう言ってやった。

「皆同じ条件だからな。100%120%準備して臨んでも、本番の出来は良くて七、八割りの出来で良しとしろ。」

とも加えた。

焦るあまり家内に当たり散らしている息子は途端静かになった。

回りを意識し過ぎても話にならん。

所詮孤独な闘い、己が剣を信じるしかないのだ。
posted by さぶらい at 11:35| 埼玉 ☔| 日記・エッセイ・コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする